« 独断と偏見の、ドラマTOP6!!その①(2005年4月~6月) | トップページ | 独断と偏見の、ドラマTOP6!!(2005年4月~6月)その② »

2005年7月24日 (日)

がんばれ、中居君!負けるな、中居君!

あら、気がつけばもう24日。7月も終わりじゃございませんか。

実は先週、祖母の命日がありまして、特別に何かをするってわけでもないんですが、とりあえず実家に1週間ほども帰っておりました。オホホ、まったりしすぎだぜっ。

で、その影響か、昨日は昨日で朝の5時(って事は今日か)まで、25時間テレビのさんま達を見てしまいましたわ。ハハーー(笑ってごまかせ)。

でもこれ、結構面白かったのよ♪。前から、アイドル!っていうより【心はお笑い芸人☆】だと思ってた中居君だけど、これほどぴったしだとは思わなかったわ。

最初はさんまと紳助と仲居君がお酒飲みながらしゃべってたの。二人の話はいつもの昔ネタ(紳助のおくさんネタは初めて聞いた)だったんだけど、それはそれでかなり面白かったのよね。で、中居君の昔捨てた彼女の話になって・・・。

【中居は仕事が忙しくなり、うっとうしくなってきた彼女に内緒で引越しも済ませ、すでに彼女と別れる決意をしていた。そして中居は別れ話を切り出す為に彼女をプールに誘った。そこで彼女は中居と別れたくなかったのか、懸命に良い雰囲気を作ろうとしていた。が、優しい中居はプールサイドに座る彼女を突き落とし何も言わずにそこから立ち去ったのだった・・・。】

ほ~っ。彼らしいねぇ~~。

次はナイナイがしきる、恋のから騒ぎ・女装編?(去年もあったらしい)。まっ、女装した芸人同士が暴露し合う感じね。で、ゲストはさんまと中居君。芸人達の話も面白かったんだけど、やっぱ一番笑えたのは中居君の滑稽なコンパ話。

【松本率いるお笑いメンバーと中居は、地下にあるお店でコンパをしていた。アイドルである中居は、もちろん最初『キャ~ッ、中居く~ん!!』と女の子達にちやほやされていた。しばらくしてそれもおさまり、みんながトークで楽しく盛り上がっていると、中居はおもむろに携帯を取り出し、みんなの前で電話をしだしたのだ。しかしそこは、電波の届かないお店でもあったのだった・・・。】

プッッ ですわ。

あと【『俺の行きつけの店、連れてってやるよ!』と言って、道に迷った中居君・・・。】、【女の子の前で、あたかも自分がコンサートの構成などをしてるかのように語りだす中居君・・・。】、【ホントにもてない中居君・・・。】、【ホントにダサい中居君・・・・。】ってな事も、若手芸人達は声を張り上げてしゃべってましたわ。流石に中居君もへこんでたようですが、特別なファンじゃないワタクシとしては、かなり面白かったです♪

  

追記:今日たかじんの番組で『ジャニーズ事務所の人達の悪口はご法度!』と言っておりました。若手芸人達、大丈夫かなぁ。

|

« 独断と偏見の、ドラマTOP6!!その①(2005年4月~6月) | トップページ | 独断と偏見の、ドラマTOP6!!(2005年4月~6月)その② »

コメント

実家に帰ってたのね~
オカイモムシィ ~nnn(*´з`)ノ~nnn(*´з`)ノ~nnn(*´з`)ノ

25時間テレビは適当に見てたのですが
その番組 見たかったなぁ

仲居くん面白いねww
あの髪型とか服のセンスはどうかと思うけど・・・
一応ジャニーズだし稼いでるもんねぇ
お金持ってるってだけで。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!! かも!
なんてね(;´ー`)ゝハハハ…

投稿: あやな | 2005年7月26日 (火) 09:14

はい、帰っておりました♪
>25時間テレビ
見ようと思って見た訳じゃなくって、テレビつけたら寝れなくなっちゃったの。
>中居君
センスが無くてもお金があればOK☆・・・なんだけど、な~んか家に帰ってきたらグチグチ言いそうな暗さがちょっと気になるわ。って相手にされてから言え!って感じよね(笑)

投稿: 小春 | 2005年7月26日 (火) 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112237/5130688

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ、中居君!負けるな、中居君!:

» 25時間お疲れ。 [SMILEY^^☆日和]
25時間テレビ なにやら感動のフィナーレでした。 例の一連の報道や(私 詳しくは [続きを読む]

受信: 2005年7月24日 (日) 21:49

« 独断と偏見の、ドラマTOP6!!その①(2005年4月~6月) | トップページ | 独断と偏見の、ドラマTOP6!!(2005年4月~6月)その② »